予算業務のポジティブな場面と弱点

SaaSプランニングソフトウェアがあなたのための解決策となるか。

この章では、予算作りのポジティブやネガティブな影響、どのようにSaaSプランニングソフトウェアの解決策がポジティブな影響を与えることができ、予算作りの多くのネガティブな側面を減らすことが出来るのかについて述べていきます。まず初めに、予算作りの一般的な役割について述べたいと思います。

最近では、凄く小さなビジネス以外のほとんどは、一つまたはほかの形態の予算作りに頼っています。それらは、様々な未来の予定の計画を見積り、計画します。また様々なファイナンシャルメトリクス、例えばキャッシュフローやセールスや歳入をコントロールし、評価するだけでなく、CVP分析(コストー量ー利益)やSales Mix分析を通して全体のビジネスの状態を診断もします。予算作りはあなたのビジネスの多くの側面の発展を促進させたり、推進させたりさせるよい方法になることが出来ます。しかし、予算作りには望ましくない影響を生じる可能性が本来備わっている危険や隠れた危険にはあります。コインの表裏の下方の部分で話していくつもりです。最後に、シャーウォーターとして私たちが提供しているAdaptive Planningのようなファイナンシャルプランニングソフトウェアは予算作りのポジティブな側面からあなたのビジネスに利益をもたらすことができ、多くのネガティブな側面を減らし、なくすことが出来ます。

The Positive

ビジネスをよりよく始めるためには、始まりに言われているように、予算作りのキーとなる収益の一つとして、長期的に考えるマネージメントをする必要があるという事実があります。あまりにも多くの焦点は会社のその日その日のマネージメントを損失させる可能性があります。予算作りは方針を計画することを考えるためのマネージメントのために歳入を作り、様々な戦略の決定の財政的な結果を見積もる、モデルのシナリオや仮の状況を設立する機会を作ります。より概念的なレベルで、それがまた経営にそもそもなぜ企業はビジネスをするのか、環境に適したものは何か、どのように変わっていくのか、どのようなビジネスに変わっていくのか、その一部分としてこれから先、より深く影響を与えられるという機会が得られます。

さらに、詳細な予算作りは重要な性能のメトリクスやKPIの企業を見直すことに利用できます。ある機能は有益な見直しをすることが出来ます。例を挙げると、どの部門で企業が最も多くのお金を生み出せるのか、どのビジネスの部門や製品のタイプでより拡大させ、促進させるべきなのか、そしてどれを減らして、どれをやめるべきなのかということを見直すことが出来ます。実際の報告に対比して予算を作ることはよりよく従業員達が目標に向かってどのように成功させていくかというフィードバックを従業員に提供することに利益が得られます。そして、もし企業がコストを減らせるシステムがあるならば、予算作りはターゲットのコストを減らすことが出来ます。

予算作りは突然のキャッシュ危機を避けるという優位性を増やすキャッシュフローを予測し手助けします。そして、もしキャッシュが有限ならば、予算作りはキャッシュをどこに割り当てるのかの経営決定を手助け、固定された資産を何に投資し、何に投資しないべきなのかを手助けすることが出来ます。最後に、予算作りはビジネスの投資を決意し、再び支持する前に今の、可能性のある出資者が要求する何かである過程を見積もり、測るための強い武器となる。

Negatives
ここまでポジティブな点について話してきましたが、ここからはもっとも共通し、広がっているいくつかの予算作りのネガティブな側面の説明をしていこうと思います。

まず初めに、重要なこととして、予算は予算に似ている作られた経済環境と同じだけの強さでしかないです。それから、特に市場の予期せぬ下降の時はいつでも、不正確は大きな要因であり、突然生じる可能性があります。この場合、予算は間違いなく覆され、ビジネスにおいて予算の費用のレベルを越してしまう可能性があり、新しい環境では持続できなくなってしまいます。もし、予算があまりにも強く固守されてしまうのならば、厳格な決定をしなければいけないかもしれません。もし、予算に融通の利く小さな部屋があるならば、続くことは予算の確立した想定が変わると企業はデメリットを被るかもしれません。また予算作りは、特にすぐに変化してしまう不安定な部門のビジネスをカバーしなければ、時間や資源が消費されてしまいます。

さらに、予算作りは、特に予算やミーティングの目標としてあまりにも厳しいボーナスの支払いに関わってくると、部長と部門で働く人々の間で社内の衝突が生じる可能性があり、そして中には悪い雰囲気が社内に立ち込めてしまう可能性があります。もし、予算が合わなかったら、社内サービス部門はほかの部門に責任を負わせようと注意を向けるでしょう。同様に、部門がより高価なサービスの社内のものを使うという会社の理念によって強いられるならば、費用の割り当てに反対して異論を唱えるかもしれません。特に、中には予算に基づいた実績に関係する高いボーナスがあると、より良い結果のためにシステムに投資し、予算上のゆるみを起こすということに魅了されてしまうかもしれません。このことは、とても陰険なふるまいや、ついには優れた管理者が去ってしまうという望ましくない環境に発展してしまう可能性があり、このことによって傷ついた従業員が彼らのボーナスを稼ぎ出すという画期的な方法を作る可能性があります。特にボーナスの計画予算に関係すると、それゆえに繰り返される管理はネガティブな側面の初期の段階から発展させないために必要とされる。

最後に、これらのことは予算が最適化された利益を評価するということに関するファイナンシャルメトリクスについてよく考えるということに述べていくことが出来ます。一方で、顧客はビジネスで利益を上げるかどうかということはもっとも無関心であります。彼らが望んでいることは品質のいい製品、よいサービス、適正な価格ということです。

クラウドベースSaaS , FP&Aソフトウェア

ここまで、どのように可能な限り効用が広がるために多くのポジティブな側面を作り、ネガティブな側面を減らすのかを確かめることができるのか、いくつかの予算のポジティブな側面やネガティブな側面について考えてきました。私たちはシャーウォーターのSaaSプランニングシステムを使用すること、そしてAdaptive Insightを推奨します。クラウドベースFP&Aシステムは組織が予算作りの強みを利用することを可能にします。

ほとんどのビジネスの計画のために予算の計画を作ることの過程を可能な限り簡単にし、能率をあげます。多くの予算の一連の動作やバージョンを早く能率的に作れる授権的な管理者が必要とされています。エクセルのシートレイアウトユーザーたちにはなじみが深いが、メトリクスに基づいた設計レポートによって評価、利用されるほぼすべてのカスタムや計算されたメトリクスをある程度見込みます。どのようにCの部分に入るBの色のAのアイテムをよりよく売れるのか、また、どのように結果が、予算を作り、計画されたセールスに反対して太刀打ちが出来るのかということを理解してください。さらに、新しい従業員達、製品を与えられた新しい機械の生産や増加した生産を全体の収益性にどのように影響するのでしょうか?問題はないです、このタイプのレポートは、クラウドからの適切な数値や予算データを引っ張ってくる適応性のある範囲で引きずられ、あまり望ましくないレポート設計者に簡単に生み出される可能性があります。これらはすべて一つのコード行をタイプで打つ必要なしで出来ます。

メニュー