india_3india_1

インドは、10億人以上の世界最大の人口を持つ民主国家です。政治環境は安定しています。

インドではグジャラート州・マハーラーシュトラ州・タミル・ナードゥ州・ウッタル・プラデーシュ州・アーンドラ・プラデーシュ州の5州がGDPの45%近くを占めています。最近20年の間に経済が劇的に動いています。非農業部門がGDP全体の85%以上を占めていて、オイルショック後に開始された経済改革の後の年平均の実質GDP成長率は6.5%です。また、過去10年で中間所得層は大幅に増加しています。

2012年から17年の間に1兆米ドル規模のインフラ事業の実施を計画しています。インフラ事業の例として、新しい高速道路のや空港の建設があります。投資のうちの半分は民間からであると予想されています。また、これからの20年間で急速な都市化が発生します。2031年までに、都市化率は40%、上位10都市の人口は1.4億人になり、都市が占めるGDPの割合は75%に達するとされています。

人口動態の面で他の国と比べて有利です。インドの人口の半数が25歳未満であり、2030年までに労働年齢人口は7億人に達するためです。その他にも、所得水準の上昇および中間所得層の増加、急速な都市化などがインドの高い成長の要因です。
インフラ事業や製造業へ支援によって、インドは製造業においては新しい国となりました。

人口動態の変化・経済的富と不平等・エネルギー・水・食料・インフラ・健康・技術・知識・社会的責任の以上10項目がインドにおけるメガトレンドとされています。
消費者も変化しています。可処分所得の増加とともに、娯楽への支出が慎重ではなくなっています。例えば、ゆるやかな個人主義への変化、贅沢品市場の急増などがあります。

今後のインド成長を考えるためのトピックとして、メガトレンドに沿った製品ポートフォリオの適合、消費者やインフルエンサーと密接に協力し市場を形成すること、販売力の構築、コスト優位性の活用などが挙げられます。

弊社は、企業の収益性を改善して、競争相手の裏をかくためのカスタマイズされたソリューションを提供するパートナーです。大きな柱は「成長」・「業績の改善」・「利益の最大化」です。
・企業がビジネスの決定を迅速に、より良くすることを支援します
・カスタマイズされた、設定可能なサービスとソリューションを提供します
・高度な分析によってお客様に比類なき価値を提供します
また、お客様の課題に合わせたソリューションを開発し提供します。

企業がインド市場に参入する際には、実績あるフレームワークである「ADDEnter™」で参入を支援します。内容は、業界や競合企業などの「評価」・戦略目標やターゲット顧客などの「設計、および開発」・デューデリジェンスなどの「参入」があります。

当社の価値提案の核心は、「革新的なカスタマイズされたソリューションを提供すること」です。
お客様に、新鮮な視点や先見性を提供し、成功を導きます。

下のフォームにお名前とメールアドレスを入力していただければ、メールにて資料をダウンロードできるURLをお送りいたします。

お名前

メールアドレス (必須)

Menu